自己否定をなくすためには、否定している自分を認めることが必要

こんにちは、サラです。

今回は自己否定をなくすためには
まずは否定している自分を認めることが必要
ということをお話していきたいと思います。

自己否定をやめるために

「いつでも自分を肯定しよう」
「自分を好きになろう」
「完璧主義を捨てましょう」
「自己肯定感の強い仲間と交流しよう」
「いつもポジティブでいよう」

などなど自己啓発ではよく言われています。

これはとっても大切なことですが、
私の経験上、すぐそういう思考&行動ができたらいいのですが、

はっきり言って無理です。
いや、無理でした。

自分に自信がないから自己否定をするわけで、
いきなりポジティブでいたり、
仲間と交流するなんてただただ疲れるだけです。

これを実行する前にやるべきことがあります。

それが「否定している自分に気づき、認めること」です。

なので今回は自己否定をなくすために、
否定している自分を認める方法をお伝えしていきます。

自己否定をしてしまう原因

自己否定をしてしまう人の多くは、
幼少期に両親や周りの大人からの影響を強く受けていると言われています。

親から褒められたことがなかったり、
「だからおまえはダメなんだ」
「もっとしっかりやりなさい」
「どうしてそんなことができないの?」と
言われたことが潜在意識にすり込まれて

大人になってからも「自分はダメな人間なんだ」と
勝手に思い込んでいる場合が多いと言われています。

でも、そういう原因があったとは
大人になっても気づかないかもしれません。

すべては自分のせいだと思っているからです。

私も自己否定をするのは、
自分がダメだからだと思っていましたが、

「どうして自己否定ばかりするんだろう?」と真剣に考えた時に
ふと幼少期に父親からすごく叱られた記憶を思い出しました。

玄関の外にほおり出されて
とっても怖い思いをしたことがあり、
それから父親とうまく話すことができなくなりました。

なので話をする時はいつもしどろもどろになってしまうので
「ちゃんとわかるように話しなさい!」
「だから何をやってもダメなんだ!」と言われました。

父親も私が寄りつかないせいもあったかもしれませんが、
私を褒めたり、態度で可愛がってくれたことはなかったように思います。

それがトラウマとなって自分に自信がなくなって、
自己否定ばかりするようになったんじゃないかと思います。

なので、自己否定する原因は自分のせいじゃない場合が多いです。

そう思うとちょっとは気が楽になりますよね。

否定している自分に気づき、認める方法

まずはいつも常に

”自分が今、どういう思い、どういう気持ちでいるのか”

ここにフォーカスしてほしいのです。

何をしている時でも、

今自分はどういう感情でこれをやっているのかな?
今自分はどういう気持ちなのかな?

いつも自分の心の声を聞いてみてください。

そうすると、何をしている時でも、何かをした後でも、

いつも「自分を否定していること」に気づくはずです。

自己否定をしている人は、
無意識に自己否定を繰り返していますし、癖になっているので
常に自分を否定していることに気づいていない場合が多いです。

私も自分の感情を常に見つめ続けていたら
いつも何をやっている時でも
自分を否定していることに気づいて、驚愕しました。

「こんなことやってる暇があったら、もっとやるべきことがあるのにな」

「こんなに休んでいてはダメだ、他の人はもっと頑張ってるのに」

「動けない自分はダメだ」

「もっと努力しないと他の人に劣ってしまう」

「他の人はアクティブなのに、なんで自分は動けないんだろう」

とにかく否定することばかり思っているのです。
自分を褒める、認めることなんて一切ないのです。

自分でもビックリしました。
なんて否定する思いが強いんだろうと。

そこで、そういう否定することばかり思っている自分を
またまた否定しまいますよね。

でも、それを
”自分で認める”のです。

自分の気持ちを客観視してみるのです。

「休んでるのはダメだと思ってるんだなー」
「動けない自分をダメだと思ってるんだなー」
「もっと努力しないとダメだと思ってるんだなー」
「そっか、そっかぁ、そう思ってるんだなー」

と、こういう感じで自分の中で認めて、受け入れてみるのです。

その後に、抵抗がなければ

「そういう自分を許し、受け入れ、認め、愛しています」

と言ってみると良いです。

愛しています、までなかなか言えないと思いますが、
そうであれば、「認めます」というところまででも大丈夫です。

この方法を少しずつ、根気強くやっていくと
どんな感情をもってもいいんだ!と思うようになり
段々と自分を否定することがなくなってきます。

最初から一生懸命やろうとすると疲れてくるばかりなので
ほんと少しずつのほうがいいです。

そうするとだんだん面白くなってきます。

「今日はどんな感情や気づきがでてくるのかな」って楽しみにもなりますよ。

そして、自分を否定することがなくなると
自分以外の人のこともなぜか否定することがなくなるのです。

「この人は今怒ってるんだなー」
「この人はこれが嫌だと思ってるんだなー」と

相手の気持ちも客観的に見ることができ、
自分と違う意見や感情をもっていたとしても否定しなくなるのです。

なんだか気持ちがと~っても楽になります。

最初は難しいかもしれませんが、だんだん慣れてきますので
気持ちをラクにゲーム感覚でやってみて下さいね。

それでは今回はこの辺で。
最後までお読み下さりありがとうございます。

サラでした。