ネガティブな感情は、紙に書き出して手放す

こんにちは、サラです。

今回は、ネガティブな感情は紙に書き出して手放す方法をお話ししていきます。

これは以前の記事自己否定をなくすためには、否定している自分を認めること
次のステップとして実践するといいと思います。

自信のない人は常にネガティブなことばかり口走ったり、ネガティブな感情を抱いたまま
もやもやとスッキリしない日々を過ごされている方は多いのではないでしょうか?

ずっとそういう気持ちを引きずったままだと
精神的にも辛いし、さらにネガティブなことばかり考え続けてしまいます。
その状態で毎日を過ごすのは苦痛ですよね。

私もそうでした。

例えば、会社で嫌なことがあって、どうしてあんなことしちゃったんだろってず~っと考えて
家に帰ってきてもその思いは消えず、ONとOFFの切り替えもできずに
それが何日も続く日もありました。そんな辛い思いをした経験、何度もあります。

誰だってそういう経験あると思うんです。

なので今回は、ネガティブな感情を手放す方法をお話ししていきます。

感情を書き出すことのメリット

感情を書き出すことで、どんな効果があるのか最初にお話ししておきますね。

「書く」ことで自分の思いを形にして客観視することができ、
自分自身と向き合うことができます。

そして物事の見方を変えることもでき、
ネガティブ思考のサイクルをポジティブに変換するようになり

今まで抱えていたすっきりしないモヤモヤを手放すことができるようになります。

確かにネガティブな感情をずっと抱えていたら
ず~っと何日も頭の中をぐるぐるしてるばかりで、
スッキリしないのが事実。

そんな状態じゃ客観視する余裕さえないし、向き合うことさえできませんよね。

それだったら、その思いを紙に書き出して
手放してスッキリさせるのが一番です。

そして書き出すことで、
また新たなことに気づくことがでてくるかもしれません。

自分はこういう考え方が癖になってるんだな、とか
こういう事態になった時にネガティブな感情がでてくるんだな、とか。

その気づいたことも、紙に書き出すといいです。
そうするとまた同じ感情になった時にどうしたらいいのかがわかってくるはずです。

紙に書き出すのは、どんな形でもオッケー

日記帳みたいなものを1冊用意して
書き出したものを振り返って読むように保存する形でもいいですし、

ノートやメモなどに書き出して、
破り捨ててしまうような形でも良いです。

自分に合ったやり方で大丈夫です。

誰に見せるわけでもないので、どんな文章で書いてもいいのです。
なぐり書きだって大丈夫です。

「今日は気分が悪かった」

「なんかわからないけどモヤモヤする」

「○○に言われたことが、すっごく悔しかった」

「とにかくイライラする」

こんな感じで箇条書きみたいにしてもいいのです。

自信のない人は完璧主義なところがあるので
「ちゃんとした文章で書かないといけない」と思ってしまうかもしれませんが、
テキトーでいいのです。

先程も言いましたが、誰に見せるわけでもなく自分だけのものなので
ほんとなぐり書き程度で大丈夫です。

そしてたくさん書こうと思わないこと。
最初は一言だけでもいいのです。

そのうち慣れてきて、書いてるうちにたくさん感情があふれてくることもありますので
少しずつやっていきましょう。

書き出すことがめんどくさいって思う方へ

紙に書くのってなんかめんどくさいなって思う方もいると思います。
正直、私も最初は紙に書き出すということが苦手でした。

私がこれまで参加した自己啓発などのセミナーやワークショップでは
もう必ずといっていいほど、「紙に書き出す」というワークがありました。

私はハッキリいって、めんどくさい!イヤだ!って思ってました。
なので、ず~っとこのことからは避けてきました。

それは自分の感情と向き合うのが怖かったからなんですね。
自信がないと思っている自分を認めたくなかったから。

だから紙に書きだすことで、自分の感情を客観視することを避けてきた、ということなんです。

でも、いつまでも自信のない自分でいたくない、
自分らしく楽しく過ごしたい!と覚悟を決めた時から

もう自分自身と向き合うことからは避けられないと思い
ようやく「紙に書き出す」ということを始めました。

私はネガティブな思いばかりではなく、
日々自分はどんな感情がでてきたのか、どんな気づきがあったのか、
色々なことを書き出しました。

ネガティブな感情はどんなに汚い言葉がでてきても
それをそのまま書き出しました。

気が済むまで同じ言葉でも何回も何回も書きました。

そうすると、ほんとスッキリするのです。

そして「じゃあ、次に同じことが起きたら自分はどうしたらいい?」と
自問自答するようになりました。

書き出すことで、嫌な気分を手放すことができ、次はどうしたらいいのか?と
思考を再構築することができるようになったのです。

いやー、ほんと書き出すということをなめてました(苦笑)。
そんなんで変わるわけがないと。
もっと早くからやっていればよかったと後悔しています。

今では心がザワザワしたり、気になることや嫌なことがあった時には
すぐに紙に書き出してスッキリさせています。

ほんとめっちゃいいツールですよ。

でも、人にはタイミングというものがありますから、
すごく抵抗がある人はまだその時じゃないかもしれないので
無理しないようにしてくださいね。

でもでも、この記事を読んでくれたあなたは
もしかしたら今がタイミングなのかもしれません。

自分に自信がなくて、常にネガティブな感情ばかりを抱えていて
本当に辛い、この状態から抜け出したい!と心から思っているであれば、
是非自分の感情を紙に書き出してみて下さいね。

すぐに結果を求めず、少しずつゆっくりとやってみて下さいね。

人それぞれスピードは違うと思いますが、
必ず成果はでてきますので。

それでは今回はこの辺で。
最後までお読みくださりありがとうございます。

サラでした。