目覚めた瞬間から襲ってくる不安感を改善する方法とは?

こんにちは、サラです。

みなさんは朝起きた瞬間から不安感におそわれること、ありませんか?

今回はそのなんとも言えない不安感を改善する方法を私の体験からですがご紹介したいと思います。

これから1日が始まるというのに、朝の目覚めた瞬間からおそってくる漠然とした不安感、
なんと表現したらいいかわからない嫌な気持ち。

本当に辛いし、苦しいですよね。

私もたくさん経験しているので、その気持ちとっても良くわかります。

なんだかわからない、心がモヤモヤだし、重くのしかかってくるし、頭の中が不安感でいっぱいで、
もうどうすることもできずに、誰かに助けて!って叫びたくなる。

朝一番からそういう気分でいるなんて最悪ですよね。

でも、こういう経験している人は意外と多いんだそうです。

人に合わせてばかりの日々、自分の意見を言えない、やりたいことがわからない、
考えてばかりで行動ができない、その結果自分らしく生きることができていない。

この積もり積もったストレスとこの先どうしたらいいかわからないという気持ちが
不安感としてやってくるんですよね。

私の経験をお話しますね。

不安感を受け止め、とことん考え抜く

目覚めた瞬間から不安感に襲われると、本当に気分が悪く、頭の中がその不安だけで
いっぱいになるんです。

考えないようにしようと思っても、居座るんです、不安感が。

朝食の支度をしていても、食べてる時も、食器を洗っている時も、ずっとです。

もうしょうがないので、不安感を取っ払うことはできないので、受け止めて考え続けました。

この先どうしたら自信をもつことができるのか、どうしたら自分らしく生きることができるのか、
ぐるぐるとず~っと頭で考えてばかりで、頭でっかちになって、頭に血が上った感じになり、
正直苦しくて大変でした。

リセットする

そのうち、考えることにほとほと疲れてしまい、しまいにはもうどうでもよくなってしまうのです。

考えること自体、馬鹿々々しくなりました。

頭を空っぽにしたい、その思いで外にでて、太陽の光を浴びながら深い深呼吸をしました。

そうしたら、考えててもしょうがない、考えてても現実は変わらない、行動しないと何も変わらない、
そう思うことができたのです。

不安感が嫌な気持ちって思うのはわかりますが、でもまずはそれを受け入れることです。

嫌だと思って自分の中から排除しようとすると、またその感情は繰り返しやってきます。

じっくりと不安感を味わい、よくその感情を手放すと良い、と言いますが、逆に私のように考え抜いて、考えること自体どうでもよくなり、しょうがないというところまでいくとこっちのものです(笑)。

そして一旦頭の中をリセットする。

リセットする方法は人それぞれだと思うので、私のように太陽の光を浴びるでもいいですし、
公園に行ってぼ~っとするのでもいいですし、自分がフラットになれることを
用意しておくといいですね。

そうすると、行動しないと何も変わらない、というところまで行きつきます。

行動して、今ここにフォーカスする

そして、行動することです。

自分がやりたいと思っていることを失敗してもいいから、とりあえずやってみることです。

やりたいことがまだ見つかっていないという方は、自分が好きなこと、
楽しいと思えることをするといいです。

そうすることで、今、ここにフォーカスすることができて、将来に対する不安も和らぎます。

苦しい、辛いと思うことはやらないことです。将来何につながるのかどうかも考えなくても大丈夫です。

何をどう行動したらいいかわからないのであれば、今、目の前にある自分にできることを一生懸命やる、そうすることで何か見えてくるはずです。

 

まとめ

不安感を改善する方法のポイントをまとめると

  • 不安感を受け止める
  • とことん考え抜く(もしくは感情を味わう)
  • 頭の中をリセットする
  • 行動する
  • 今、ここにフォーカスする

私はこのように不安感を改善することができました。

翌日にはスッキリと目覚めることができ、しかもやる気が心の底から沸き起こり、
とても気持ち良く過ごすことができました。

また不安感が繰り返し起こってくることはあります。
それは当たり前のことです。

以前にも書いたことはありますが、人は右肩上がりで成長するのではなく、
らせん階段をのぼるように成長していくものです。

何度も繰り返して、徐々に不安感も改善されていきます。

焦らずに少しずつ、やっていくといいですよ。
少しでも参考になれたら嬉しいです。

最後までお読み下さりありがとうございました。

サラでした。