40代になっても、自信がない自分を続けますか?

こんにちは、サラです。

今回は、40代、50代になっても自信がないままでいいの?
ということについてお話していきたいと思います。

子供の頃から自信がもてないままでずっと生きてきて
それが大人になってからも続いているなんて、苦しいですよね。

大人になったら変わってるんだろうなって思ってたらなおさらです。

その気持ち、とてもわかります。

私もそうでしたから。

前回の記事「自信がない」を手放し、本来の自分を取り戻そう でもお話したように

私は幼少期の頃からずっと自信のない自分を抱えて過ごしてきました。

大人になったらさすがに、自信をもてるようになるんだろうなと思っていたら
そのまま大人になっていました。

そんな私が、本当に心の底から、このままの自分じゃ嫌!本来の自分らしく生きていきたい!

と決心したのが30代半ばでした。

これから先、40代、50代、60代と生きて行く中で、
私の人生、このままでいいのかな?と真剣に考え始めたのです。

なので私と同じような悩みを抱えている方もいるのではないかと思い、
今回のテーマについてお話していきたいと思います。

きっかけは父の死

私が30代前半に、突然父が亡くなりました。

病気でもなく、事故でもなく、ほんと突然に。

あんなに元気だったのに、なんの前触れもなく突然死ぬものなんだ。。

人生ってなんだろう。

そう考えるようになりました。

そして、生前父が言っていたある言葉をふと思い出しました。

「お父さんは、好きなことばかりやることができて、とても幸せだ」

私もお父さんのように、「好きなことができて幸せだ」と言えるような
人生を送りたいと強く思うようになりました。

その頃の私は、自分の好きなことなんてわかりませんでした。

だって、いつも自分に自信がなくて、
自分の意見や考えを言えずに他人に流されやすいし、

自分の長所なんてわからないし、
何をやるにも失敗したらどうしようというネガティブなことばかり考えて行動できないし、

そういう自分は結局何もできない人間なんだとさらに自信を失うし、
そういう人間が、自分が好きなことは何だろう?なんて考えたことなんてなかったのです。

でも、このままでいいの?

いや、このままの自分を続けるのは嫌だ。

それは私の中ではっきりとわかっていました。

父が突然亡くなったように、人はいつどうなるのかわからない、ということが身近で起きたのですから。

だったら、ずっとこのまま自分に自信がないと言い続け、
本来の自分をだせないまま、
人生を送っていくなんて、もったいない!と私は思うのです。

誰だって、本来の自分らしく、楽しく幸せに生きていきたいですよね?

私達は幸せになるために生まれてきたのです。

この世での1番の目的は幸せになることだと私は思ってます。

しかも自分という人間は世界に1人しかいないし、
自分の人生を創造できるのは、自分だけなのです。

それを自分に自信がないから、とか言ってられない!と私は思ったのです。

まずは決心することが大切

もう「自信がない」なんて言わない!と決心してみましょう。

そこからがスタートです。

決意がぶれないように紙に書いて、
いつも目につく場所とかに貼っておくのもいいですよ。

私も決心してから、今までの自分としっかりと真剣に向き合うことができるようになりました。

それまでは、自分と向き合うなんてめんどくさい!って思っていた人間でした。
自信がない自分を認めることが嫌だったんですね、きっと。

そして心のどこかに、「自信がない」このままの自分でいいやって思ってたんですよね。

まずは、少しずつ行動していきましょう。

少しずつがポイントです。

何事も一気にガラッと変えることはなかなか難しいです。
一気にやろうとすると、疲れちゃいます。

人は右肩上がりに成長していくものではなく、
らせん状の階段を登って行くような感じで成長していくものです。

これからこのブログで、私が自信を取り戻すことができたことなどなど
色々お伝えしていきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。

サラでした。