自信がない、自分が嫌い、そう感じている方へ是非やってほしいこと

こんにちは、サラです。

今回は自分に自信がない、自分が嫌い、どうしたら自分を好きになれるの?と悩んでいる方へ、是非試していただきたいことをお話していきたいと思います。

私も以前は自分は何をやってもダメだし、誇れるものもないし、自分が嫌いでしょうがない・・と思っていました。
20代の頃だったと思いますが、姉と何の話をしていた時だったか忘れましたが、こういう会話をしたことがありました。

姉「サラちゃんは自分のこと好き?」

私「えー、嫌いだよ」

姉「えー?!そうなの?自分のこと嫌いな人っているんだ!」

私「えっ?じゃあお姉ちゃんは自分のこと好きなの?」

姉「うん、もちろん好きだよ」

私「えーーー!そうなんだ・・・」

姉とは逆に私は自分のことが好きって言える人がいることにビックリしました。

でも、それから友達に自分のことが好きかどうか聞きまくったところ、ほとんどの人が「う~ん、どっちかって言えば嫌いかな」という回答が多くて、自分でホッとした記憶があります。

なので、自分が嫌いって思うことは当たり前のことだと思います。

でも、自信がなくて、自分が嫌いなままだと自己否定して落ち込んで毎日辛くってしょうがないですよね。どうにかして自分を好きになりたい!と思っている人が多いのではないでしょうか?

なので、今回は自信がない自分が嫌いと悩んでいる方へやってみてほしいことをお話していきます。

そもそもどうして自分を嫌いになるのか

1.他人と比較してしまうから

いつも他人と自分を比べてしまい、「他の人にはできて、自分はできない」「他の人はすごいのに、自分はすごくない」など、自分の苦手でできない部分だったり、自分にはないものにフォーカスして自分を責めてしまう思考が自分を嫌いにしてしまっていることが多いのです。

私も常に他人と比較していましたね。あの人はなんでもできてすごいな~、私なんて何をやってもダメだし・・と自己否定ばかりで、そんな自分が嫌いでした。

2.幼少期に親や周りの人に褒められたことがないから

幼少期に無条件に可愛がられたり、褒められたり、認められたりした経験がなければ、それは大人になってからも「何かをしなければ認められない」「何か特別なことをしなければ受け入れられない」などと何か条件付きでないと自分は認められない、受け入れられないという思いが強くなってしまいます。

そうなると、何もしなくても、無条件のままの自分でいいんだ、と自分で自分を認めることが難しいので、どうしても他人と比較して自分を責めて嫌いになってしまう傾向があるのです。

私も小さい頃、親から褒められた記憶がありません。どんなサラちゃんでも可愛いよ~と無条件で可愛がられたり、勉強で良い成績をとっても「よく頑張ったね」と褒められた記憶がありません。だから大人になってもどんなに自分が頑張ったことでも、「私ってすごい!頑張った!」と自分で自分を褒めることが以前はできませんでした。

3.無意識にやりたくないことをしてしまってるから

自信がないから、いつも他人に合わせてしまって、自分が思っていることや意見を言うことができずに、無意識のうちに我慢してやりたくないことばかりしてしまっているのも理由の一つ。

これが食べたい、ここに遊びにいきたい、でも自分から言えずに本当はやりたくない、行きたくないところに我慢してまで他人に合わせてしまう。自分自身を否定してしまっているということにもつながります。

どうして自分っていつもこうなんだろう・・と最後には自分を責めてしまいますよね。

4.完璧主義だから

完璧主義は悪いことではありません。何事もキチンとやろう!ということはむしろ良いことです。真面目ってことでもありますよね。

でも、何をやるにも完璧を求めすぎて、少しでも失敗してしまったらやっぱり自分はダメなんだ・・と自分を責めてしまいます。

そして完璧にやろうとしすぎるから、やる前から悪い方へと考えすぎて、失敗を恐れて結局行動に移せず、そんな自分をダメだな~って自己否定して自分を嫌う傾向にもなります。

自分が嫌いと思うなら、自分を好きになりましょう!というけれど・・

自己啓発などの本には、ほとんどこのように書いてありますよね。

「自分が嫌いな人は、まずは自分を好きになりましょう!」

そんなのわかってるけど、できないからくるしいのに・・と思っている方は多いのではないでしょうか?

私もそうでした。そもそも自分のことを好きになれたら何の苦労もないよ・・って。どうしたら好きになれるのかわからないのに、ただただ好きになりましょう!って言われても、じゃあどうするんだよ!みたいな感じでした。

なので、自分を好きになる方法がわからない・・と思うのは当たり前のことです。

それじゃあどうしたらいいのか、その方法をお話していきますね。

無理やり好きにならなくていい

今まで自分のこと嫌いって思っている人が、いきなり好きになろうと思っても抵抗がありますよね。

他の人のことだって今まで嫌いだと思っている人を、明日から好きになろうと思ってもなかなかできません。ていうか無理ですよね?

なのでまずは自分が嫌い、と思っていること自体を悪いことと否定するのではなく、自分の中で受け入れてみて下さい。

「私は自分のこと嫌いって思ってるんだな。しょうがないじゃない、だってそう思うんだもん」とある意味開き直るみたいな感じで。自分の気持ち、感情を否定することをまずはやめて受け入れてみることです。

自分に優しく、大切にしてあげる

自分を好きになる、という前に、自分を常に心地良い状態にする、ということを心掛けてみてください。

それには常に自分の感情にフォーカスし、今自分はどんな気持ちなのかを感じてみてほしいのです。

何をやっている時でも、今自分は、気分が良いのかな?悪いのかな?楽しいのかな?楽しくないのかな?辛くない?無理してない?などなど。

そこで少しでも、楽しくない、なんか心地悪い、無理してる感じがする、と感じたら何をしたら心地良くなるのかと自分の心に聞いて行動していくのです。

要するに、やりたくないことを極力しない、ということ。

やりたいことだけをやる。

やりたいことだけをやっていたらわがままだと思われないかな?と思うかもしれませんが、そんなことはないです。それは小さい頃に親から刷り込まれたものかも知れません。

自分の思うことを言うだけで「あなたはわがままなんだから」「わがまま言うんじゃありません!」などと言われたことがありませんか?

なので、それはただの思い込みなので、やりたいことをやるということはわがままではないので、大丈夫です。

そして何かをやる時に「~をやらなくちゃ」「~をしなくちゃいけない」などと思ったことは、やりたいことではないので、そういうことも省いて行動してみて下さい。

「~をしたい」と思ったことだけをしていく。

自分が心地良いと感じること、心がほっこりなること、それだけをやっていく。

たとえば、近くの公園に行って空を見ながらぼ~っとする、お気に入りのカフェでコーヒーを飲む、ウィンドウショッピングをする、ドライブをする、美味しいものを食べる、などなど。

そうすることが自分に優しく、大切にしていくことなのです。

それを続けていくことによって、自分に自信がない、自分が嫌いということを手放していけます。

最後に

いかがだったでしょうか?

自分を好きになる、ということは、自分が嫌いだと思っている方にはハードルが高いと私は思っています。

なので、自分を心地良くする、優しく大切にする、この方法がまだ取組みやすいと思います。実際、私もそのようにしてきましたし、段々と自分が嫌い→今の自分気に入ってると思えるようになりました。

なので、自分が好き!と思わなくても、今の自分が心地良いと思えるだけでいいのです。無理やり自分が好き!と思わせなくても大丈夫。自分が心地良く過ごせてるかどうか、ただそれだけでいいのです。

是非無理のない程度に自分が心地良く、優しく大切にできることをやってみて下さいね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

サラでした。